次はどこへ行こう

買取とは

買取とは言葉通り、買い取ってもらうことです。
単純に売ることです。
車を買取店に買い取ってもらうというだけでなく、個人やディーラー、車屋に車を売って現金を受け取ることを買い取りと言います。
買取は下取りに比べて相場の変動に敏感です。
ですので、売る時期によって査定の価格が変動しやすいです。
そのため、人気の装備や車種では買取価格が高くなる傾向があります。
買取店によって得意なブランドがあれば、買取価格が高くなる可能性があります。
また、数店舗に査定を依頼し査定額を比較することで、高い査定額の店舗に売却することができます。
ですが先のとおり相場の変動に影響を受けやすいので、売り渋っていると安くなってしまう危険性があります。
店舗側も出来るだけ「新鮮な」うちに買い取ってしまいたいので、行動するなら早い方がいいでしょう。

下取りとは

下取りという言葉は、買い替えるときに使います。
例えば新しい車が欲しいときに、現在使っている車が不要になったとします。
欲しい車を売っている店に行き、今の車を買い取ってもらうことを下取りと言います。
下取りに出すと、お店としては次に車を買ってくれることが確実な顧客を確保できるわけですから、何らかの形でサービスがあることがあります。
例えば、新車を販売するときにどうしても値引きできないときに、下取り価格を高くすることで実質的に安く売ってくれることがあります。
買取の場合には数店舗に査定を出すことができますが、下取りの場合、買うことが前提の取引ですので、基本的には一店舗に依頼します。
他の買取店に査定を出して高価な査定額が出たとしても、それを下取り額に反映されることはほとんどありません。
また、装備や車種が人気であっても買取に比べ、プラスになりにくいとも言えます。