車の下取りと買取りって何か違うの?

車を売るための総合サイト

次はどこへ行こう

「そろそろ車を売って、新しい車が欲しい」と考えていても、そもそもよく見る買取と下取りの違いとは何なのでしょうか。 実のところ、買取と下取りに大きな違いはありません。 売った後その業者と取引するかどうかという違いしかありません。 このページでは買取と下取りにつていまとめています。

売った車の行方と査定について

車を売った後、売却した車はどうなるのでしょうか。 中古車販売店に並んでいるのはご存知かと思いますが、どのような経緯で販売店の手に渡るのでしょう。 また、査定価格を出すために業者はどのようなところをチェックしているのでしょうか。 このページでは売却後の車の行方と査定額についてまとめています。

高く売るために

せっかく車を売るのなら、高く売りたいもの。 高く売るためには適正時期があります。 また、車を売るための手段は、買い取り専門店やディーラーに依頼するだけではありません。 近頃はネットが発達していますので、自分で売ることもできます。 少しでも高く売るためには事前に調査することが重要です。

下取りと買取の違い

「もうそろそろ10年くらいこの車に乗っているし、買い替え時かな」
「15万キロ走ったし十分か」
「ボーナスも入ったし、車が買いたい」
という具合に、車の買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか。
日本は非常に車の買い替え需要が多い国です。
日本人の感覚では車の寿命は10年、10万キロといった感じです。
ですが、海外では20年、25年、100万キロ走って当然です。
実際、販売店が集まる大手オークション会場には海外のバイヤーがたくさんいらっしゃって、日本で使わなくなった車は、海外で販売され多くの需要があります。
日本で販売された中古車のうち3分の1は海外に輸出されます。
それだけ、買い替える方が多いということ。
ですが、意外と販売業者に安く売ってしまうことが多いようです。
その証拠に、自動車の買取会社が大通りに店舗を構えていたり、急成長しているイメージはありませんか。
同じ車を売るなら、できるだけ高く売って、次のいい車を買いたいものですよね。
この記事では、買取と下取りの違いとはそもそも何か、売却後の車がどのように中古車として売られることになるか、査定のポイントなどをまとめています。
他にも、自動車が高く売れる時期があるのをご存知でしょうか。
例えば、オープンカーを売りたいなら夏前がいい時期です。
などなど、車を高く売りたい方にとって基本的な情報をまとめました。
いい買い物のための一助となれば幸いです。
いい車であなたはどこへ行きますか。